曽我漬について

毎日の食卓に、ご贈答に増田屋の「曽我漬」「わさび漬」はいかがですか。

曽我漬の歴史

曽我兄弟の仇討あらすじ

時は鎌倉、伊豆に二人の若い兄弟がいました。その二人は曽我兄弟。兄弟の父が工藤祐経に謀殺されたのは兄十郎祐成(すけなり)五つ、弟五郎時致(ときむね)三つの時でした。爾来、兄弟は武芸に励み元服します。そして建久四年、源頼朝が催した富士の巻狩で仇敵を討ち苦節十八年の本懐を遂げました。この曽我兄弟の仇討はのちに曽我物語としてまとめられ、江戸時代には能、浄瑠璃、歌舞伎、浮世絵で取り上げられ赤穂浪士の仇討、伊賀越えの仇討とともに日本三大仇討として広く知られるようになりました。

曽我漬の誕生と由来

増田屋の初代店主兄弟はおよそ百年前、家の再興のために、他にはないオリジナルの漬物を・・・と試行錯誤を重ね、ちょうど十八年、兄考案の「天下無類の珍味」の漬物が完成しました。その完成までの歳月と兄弟が力を合わせて事を成す姿が曽我兄弟と重なり、当時の町長より「曽我漬」と命名され現在に至ります。

曽我漬の特徴

曽我漬の特徴

天下無類の珍味

当店でしか手に入らない「曽我漬」は野菜の歯ごたえと酒粕の絶妙な甘辛さが癖になる珍味。
一子相伝の製法を受け継ぎ三代目当主自ら手をかけて少量ずつ生産しています。
その要はやはり大根、瓜、そして酒粕です。大根は身質が緻密で柔らかく歯切れの良い大蔵大根。うりはイボが無く肉厚で苦味のない近成山東。どちらも濃尾平野の契約農家さんが丹精込めて育てたものです。酒粕は地元で九代続く酒蔵牧野酒造さんの富士山伏流水で仕込んだ酒粕と月桂冠酒造さんの京都伏見蔵で仕込んだ酒粕をバランスよく配合しています。

疲れた現代人の必須食!

曽我漬は単に珍味というだけではなく、曽我漬に使われている酒粕はビタミンB群や食物繊維、タンパク質などの栄養素を多く含み疲労回復など健康増進に優れた効果が期待できる食品として近年注目されています。(詳しくは酒粕の仕入れ元、小林春吉商店さんのWebで!)
また、曽我漬の鼻にツーンと抜ける辛味のもとであるワサビに含まれるアリル辛子油は殺菌作用に優れ、こちらも病気の予防に役に立つと注目されています。

アレンジして楽しめば、おいしさ倍増。漬物という枠を超えて

曽我漬は単に漬物として食卓を豊かにするだけではありません。
ピリッとした辛さとふくよかな甘さを兼ね備えた曽我漬は和食のみならず洋食の調味料としても優れています。たとえば、B級グルメの代名詞富士宮焼きそばやうな重の薬味として、お茶漬や海鮮丼のタネとして、はたまたポテトサラダやチーズと和えても相性抜群です。
当店では地元の料理研究家と共に毎月曽我漬の新しい楽しみかたを提案しています。

地方発送の通信販売もおこなっております。
お電話、郵送またはFAXからのご注文も承っております。(FAX : 0544-27-3952)
お気軽にご連絡ください。

webからのご注文はこちらから

商品カテゴリー


> 店舗のご案内

増田屋本店

〒418-0065
静岡県富士宮市中央町8の13号

0544-26-3380

電話受付時間
AM8:30〜PM7:30
※水曜のみAM10:00〜PM5:00